のぼりの歴史と使用方法の移り変わり

私が考えるのぼりのmainイメージ

のぼりの歴史についてまとめています。戦国時代から始まり、現代までの流れです。用途も変わり、今では宣伝用として使われています。

のぼりの歴史と使用方法の移り変わり

のぼりは、お店やイベント会場に宣伝のために立てられているものです。

しかし、昔は宣伝目的で使われていたものではありませんでした。

ここではのぼりの歴史について調べ、まとめています。

《のぼりの始まりは》

のぼりの歴史は古く、戦国時代の戦陣や仏教的な祭典に始まりました。

武田信玄の「風林火山」というのぼりをドラマなどで見たことはないでしょうか。

あの時代からのぼりはありました。

武士たちは軍の規模や装備などを誇示するために長い布に木を通して風になびかせたのが始まりです。

室町時代になって今ののぼりが発案されて全国に徐々に広まっていきました。

《のぼりの形状は》

近代までののぼりは絹や綿の織物を使っていました。

長さは約3m60cm、幅は約76cmのものが標準的なものとして使われていたようです。

他には、正方形のものや縦横比が3:2の比率ののぼりがありました。

必ずこのサイズにしなければならないものではなく、家によって寸法を規定したり、流行によって左右されることもありました。

また、昔はのぼりをくくりつける竿には主に竹を使用されていました。

竹竿は現代でもなじみのある道具ですが、のぼりの利用目的の変化によって一般的に竹竿を使ってののぼりを挙げることは少なくなりました。

《現在ののぼりは》

現在ののぼりは、主に広告用として使われています。

L字型の竿をチチテープに通し、スタンドに立てるのが一般的になってきました。

主にどんな場所でのぼりが使われているかというと、大相撲の会場、歌舞伎の公演がある劇場、神社、スーパーマーケット、商店街、飲食店、選挙運動などです。

また、昔は絹や綿で作られていたのぼりですが、現在では合成繊維が中心です。

ただし、神社や相撲の興行、歌舞伎の劇場などで立てられているのぼりは綿の生地が使われています。

昔から現代にかけて変わったのはのぼりの布の材質だけではなく、旗竿も竹から鉄パイプや合成樹脂素材、スチール素材に変わっています。

竿も伸縮できたり、持ち運びできやすいよう軽量化されたり進化しています。

★Check!ポールはカラーバリエーションも==>のぼりポール・竿

Copyright 私が考えるのぼり. All Rights Reserved.