27
4月

今流行のスタイリッシュのぼり

お店やイベント会場では必ずあるのぼりですが、ここ数年で進化してきています。

今流行しているのぼりとは、どんな形のものでしょうか。

最近注目されているのぼりについてまとめています。

《スウィングバナーとは》

自動車販売店や海水浴場などで変わった形ののぼりを見たことはありませんか。

斜めの形状でトップのアーチがとても目立ちます。

■形とデザインでインパクト大!なのぼり・・・会津の偉人…『英雄』キャラクター化 山本八重らのぼり旗描く:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

スウィングバナーはヨットの帆(セイル)のような形をしているので、セイルのぼりとも呼ばれています。

また、通常の四角いのぼりよりも動きがあるように見えるので、宣伝効果が上がるとも言われています。

とてもインパクトがあるので、最近では注文が増えているようです。

《スタイリッシュのぼりとは》

最近、オリジナルのぼりというのぼりが注目され、注文する人が増えています。

スタイリッシュのぼりというのは、従来ののぼりにあるチチテープがありません。

のぼりの布を袋状に縫い、そこにポールを通したものです。

ポールをすっぽり包むので、風による巻き上がりや巻き込みを防ぐ効果があります。

また、見た目もスマートでスタイリッシュです。

オプション加工で棒袋縫いがありますが、それと同じですね。

《やや高めだが販促効果大!》

スウィングバナーとスタイリッシュのぼりは、一般的なのぼりよりもやや高価なのですが、人目をひく確率が非常に高いので、販促効果は大きいと言えます。

それだけ多くのお客様が来てくれると売り上げも上がり、のぼりにお金をかけたとしてもその分は取り戻せると考えて良いのではないでしょうか。

高価といっても、大量のチラシを印刷するとか、大きな看板を立てるよりも安いのでおすすめです。

27
3月

のぼりの巻き上がり防止のグッズについて

風の強い日に、店頭に立ててあるのぼりが巻き上がってしまったのぼりを見かけたことはないでしょうか。

巻き上がってしまったら、せっかくの良いのぼりでも見てもらえない(見えない)ので、巻き上がりを予防しなければなりません。

《グッズで防止しよう》

のぼりがポールに巻き上がってしまったり、巻き付いてしまったりすることを予防するためのグッズがのぼり制作会社で販売されています。

チチテープの一番下に取り付け、巻き上がりや巻き付きを予防するストッパーや、チチの一番下に取り付けて吹き込む風を逃がす効果がある部品、下チチののぼり部分につけて巻き上がりを予防する重りなどがあります。

いずれも、安いものなのでのぼりを注文する時に一緒に頼んでおくと良いでしょう。

《棒袋縫いで巻き上がり防止》

いろんなグッズで巻き上がり防止ができるのですが、のぼりを作る時に縫製を少し変えてもらうだけで巻き上がりが防げるものがあります。

それが、棒袋縫いです。

のぼりのポールを通す部分をチチの代わりに筒状に縫い、そこにポールを通すようにするのです。

棒袋縫い加工を依頼するところは最近増えており、そのようなのぼりを街でも見かけるようになってきています。

《転倒防止の対策もとりましょう》

のぼりを設置する際、気をつけるべきは転倒防止策を行っているのか、ということです。

のぼりが転倒し、ポールが通行人、または駐車してある車などにぶつかってしまえばトラブルからは逃れられません。

しっかりと防止作も取り入れましょう。

《いろんなグッズで防止可能》

現在あるのぼりを無駄にしたくないのであれば、巻き上がり防止グッズを購入して使用した方が良いですし、もし新しくのぼりを作るというのであれば、棒袋縫いで注文すると巻き上がり防止効果があるのでおすすめです。